必見!歯の矯正治療を出来るだけ目立たないで行う方法

矯正器具がネックになって治療を行わない人も多い

歯並びの悪さを気にされている方でも、矯正治療に抵抗感を感じている人が少なくありません。矯正治療と言うと、歯の表面に銀色のブラケットを装着してワイヤーで歯を動かすイメージがあります。喋ったりするだけでも非常に目立ちますので、矯正治療を始めるにはネックとなってしまいます。しかし、最近は目立たない矯正治療方法も幾つかありますので、従来の矯正治療に抵抗を感じている方は、目立たない方法での矯正治療を検討してみることもお薦めです。

目立たないワイヤー治療法

目立たない矯正治療としては、ブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着させる方法があります。表からは全く矯正器具が見えませんので、見た目を気にされる方にとっては最適な方法です。ただし、表側からの矯正治療よりも治療費が高くなってしまうことと、若干喋り辛くなってしまうデメリットがあります。また、表側に矯正器具を装着させる場合でも、銀色のブラケットを白色や透明色に変更させることが可能です。そうすることによって目立ち易さはかなり軽減されます。ただし、銀色のブラケットよりも多少治療期間が長くなってしまう可能性があります。

マウスピースでの矯正治療

ワイヤーを使用しない治療方法もあります。それは、マウスピースを使用した矯正治療です。少しずつ形を変えたマウスピースを使用して、理想の歯並びにして行きます。マウスピースは透明ですので、傍から見れば全く矯正治療を行っているようには見えません。また歯磨きや食事の際には自由に取り外しが可能ですので、ワイヤー治療よりも手軽さがあると言えます。マウスピースでの治療が可能な方は、ある程度限られてしまいますが、目立たない治療方法としては有効です。

オールセラミックは通常の歯にセラミック製の義歯を被せる審美施術で、手軽に歯の白さを取り戻すことができます。